IT業界に骨を埋めた社会生活を送る中で、自分独自のライフスタイルを形成していき、社会に順応していこうとする意識が働いていくのではないかと思います。

情報化が目覚しいIT社会の影響で、夜遅くまで仕事をして、IT業界に携わっているやりがいを実感していることでしょう。夜遅くまで仕事をした後に帰宅をして、食事をして風呂に入り、床につくまでの僅かな時間の中で自分の時間を楽しみ、明日の仕事に想いを馳せていきます。

一般的なサラリーマンの自分の時間の過ごし方として挙げられるのが、風呂上がりのビールに興じたりすることが挙げられると思います。日々の生活の中で、いろいろなことがあった一日を振り返りながら、一日のうちで自分の頑張ってきた功績を称えようという意味を込めて、勝利の美酒に酔いしれるためにビールを飲むことにより、心身共に酔いしれようとしていきます。

その掛け替えのない幸せな時間を、一日のうちの自分へのご褒美として、仕事に立ち向かう英気を蓄えていくのです。したがって、ITに携わる方の中にも、ライフスタイルの中にお酒が欠かせないという方も多いのではないかと考えられて、情報をつなぐことを生業としている彼らにとって、お酒が文字通りの明日につながる生命線といったイメージを喚起させたりはしないでしょうか。このように、お酒によって気持ちを鼓舞させていく性質が、サラリーマンの強い味方として長く愛されているのです。