IT企業に勤める方の中で、いずれは自分にとって掛け替えのない家族を構成していきたいと望むようになる場合もあるでしょう。故に、自分の愛する者があり、または、自分が愛されることによって、精神的に支えてくれることを願うようになるのです。

そうしたことから、愛し愛されることは、人が生きていく上での基本原理を映し出しているようであり、人と人との間に愛があるからこそ、見えない糸で結ばれるような絆が形成されていき、その絆によって、心の拠り所として互いが尊重し合うようになるのです。突き詰めて言えば、愛が存在しているからこそ、途絶えることのない社会が末永く続くように意識していき、ひいては自分たちの子孫を残していこうと努めていくのです。

そして、愛することによって、その人の存在自体の全てを受け入れることになり、あなたがいたからこそ今日まで勇気づけられて生きることができたんです、という強い想いを抱くことになるわけです。
IT企業に勤めているのならば、自ずとネットワークの緊密さに触れることになり、その関連性として、とりもなおさず将来、自分の家族に対しても緊密な関係性でつながっていたいと願うようになるのでしょう。

故に、家族に優しくすることによって、親である自分と家族との間に確実に距離が縮まっていき、自分の精神的な安らぎの対象となる家族に対して、抱きしめるかのような優しさでもって、その家族を守り通すことを心に誓うでしょう。